市民レポーターが箕面の今を密着取材!

タッキー816でオンエア中!放送:月〜金曜10:45〜10:55

第20回まちなみパネル展2017

2017.03.21.tue/メイプルホール

第20回まちなみパネル展2017

みのお市民まちなみ会議による「第20回まちなみパネル展2017」が、3月19日(日曜日)〜26日(日曜日)の日程で、メイプルホールロビーで開催されています。
今回のテーマは「歴史を語る 箕面の古民家part2」。
会場には、箕面の古民家の写真や絵などの資料が展示され、訪れたかたは興味深そうに見入っていました。

認知症のかたへの声かけ体験

2017.03.17.fri/中小コミセン

認知症のかたへの声かけ体験

3月17日(金曜日)、中小コミセンで、中小地区福祉会主催の講座「認知症のかたへの声かけ体験」が行われました。
箕面市高齢福祉室の職員から認知症についての講義を受けたあと、中小学校の運動場で、認知症のかたが行方不明になったという想定で、参加者のみなさんは実際の声かけに挑戦しました。

東日本大震災復興支援イベント−3.11を忘れない−

2017.03.12.sun/みのお市民活動センター

東日本大震災復興支援イベント−3.11を忘れない−

 3月12日(日曜日)、みのお市民活動センターで東日本大震災復興支援イベントが行われました。
 「3.11を忘れない」と題して毎年開催されているこのイベントには、今年も多くのかたが訪れ、復興支援活動パネル展に見入ったり、東北や熊本などの特産物を手に取ったり、被災地へ思いを馳せるひとときを過ごしました。
 昼の12時30分からのオープニングでは、聖母被昇天学院聖歌隊・小学校コーラスクラブのみなさんが、美しい歌声を響かせました。詰めかけたお客さんたちは、歌に耳を澄ませながら、そこに込められた思いを共有していました。
 館内に設けられた「復興支援横丁」は、居酒屋スタイルで被災地の食を味わおうというもの。気仙沼直送、おいしいと評判のワカメ、殻ごと出される大きな牡蠣、地酒も各種取り揃えて、お客さんたちは豊かな海幸山幸を堪能していました。
 被災地の現状を伝えるDVDの上映も同じ場所で行われていました。内容は、箕面ユネスコ協会のみなさんが訪れた被災地の写真、動画、インタビューなど。震災の遺構を保存するかどうかの住民の葛藤や、熊本地震での支援のようすなど、同協会のかたによる解説付きで詳しく説明されていました。
 東日本が未曾有の災害に見舞われたあの日から、6年。箕面の人たちの、被災地を思う心は決して途切れない…そんな思いが伝わってくるイベントでした。

1200人のランナーが参加!「第9回箕面森町妙見山麓マラソン大会」

2017.03.12.sun/箕面市立とどろみの森学園〜豊能町立東ときわ台小学校

1200人のランナーが参加!「第9回箕面森町妙見山麓マラソン大会」

 毎年恒例となった「箕面森町妙見山麓マラソン大会」が、今年も3月12日(日曜日)に開催され、1200人のランナーが参加しました。『大阪1しんどいマラソン大会』『くせになるマラソン大会』とも言われるマラソン大会ですが、お天気にも恵まれ、例年以上に沿道やゴール地点の応援も多く、ますます人気が高まっています。
 3歳のお子さんからマスターズまで、マラソンを愛するみなさんが、3・5・10キロメートルの各種目とファミリーの部にエントリー。箕面市立とどろみの森学園をスタートし、山麓を西へ、豊能町立東ときわ台小学校のゴールをめざし、上位入賞をねらって本気モード全開で臨んだかた、ご家族で楽しんで走ったかた、仮装姿でアピールしながら走ったかたなど、それぞれの楽しみ方でトライされていました。
 コスプレランナーは、年々メンバーが増えているという里山レンジャーやエプロン姿の男性、剣道の胴着で走ったメンバーなど、大会を盛り上げました。
 ゴール地点は、豚汁の振る舞いやフードやマッサージブースなどもあり、アットホームな雰囲気。しかしコースは心臓破りの坂など、ハードで本格的。すっかり名物となったマラソン大会、来年も出場を誓うみなさんでした。

「第30回東生涯学習センターグループフェスティバル」開催!

2017.03.11.sat/箕面市立東生涯学習センター

「第30回東生涯学習センターグループフェスティバル」開催!

 3月11日(土)と12日(日)、箕面市立東生涯学習センターで、日頃センターで活動する市民グループのみなさんのフェスティバルが盛大に開催されました。
 舞台発表や作品展示、体験コーナーなどがあり、舞台のトップバッターは第六中学校の吹奏楽部。若いみなさんのエネルギッシュな演奏にスタートから盛り上がり、合唱や健康体操、ダンスや音楽でにぎわいました。また、絵画や書道、陶芸などの作品展示、木工体験、喫茶コーナー、お茶席など、2日間にわたって多くのみなさんが来場しました。

第19回つながれ!ボランティア in みのお「いきいき祭り」

2017.03.11.sat/総合保健福祉センター

第19回つながれ!ボランティア

3月11日(土曜日)、総合保健福祉センターで、第19回つながれ!ボランティア in みのお「いきいき祭り」が開催されました。
会場には40を超えるボランティア団体が出店や出演で参加し、たくさんの来場者でにぎわいました。

こども屋台も登場!トークイベント「暮らしのごはんが子どもをつくる」

2017.03.04.sat/らいとぴあ21

こども屋台も登場!トークイベント「暮らしのごはんが子どもをつくる」

3月4日(土曜日)、らいとぴあ21でトークイベント「暮らしのごはんが子どもをつくる」が行われました。
会場の「こども屋台」では、地域の子どもたちが作ったチャーハンやホットケーキサンドが大人気で、早々に売り切れとなっていました。
トークイベントでは、講師の入交享子さんが、食育をテーマに講演を行い、詰めかけたお客さんは熱心に聴き入っていました。

春うらら 津軽三味線の響き…「桃響futari演奏会」

2017.03.04.sat/メイプルホール

春うらら 津軽三味線の響き…「桃響futari演奏会」

3月4日(土曜日)、メイプルホール小ホールで「春うらら 津軽三味線の響き 桃響futari演奏会」が行われました。
 出演は、津軽三味線世界大会などで数々の受賞歴を持つ澤田響紀さんと、箕面出身で東京芸術大学音楽部に在籍する岩田桃楠さん。お二人はユニット「桃響(とうきょう)futari」を結成し、演奏活動を行ってきました。
 この日は二回公演でしたが、どちらも満席となる人気ぶり。演奏は、伝統曲「津軽じょんがら」を始め、アイルランド民謡やオリジナル曲まで。心を一つに、二棹の三味線が四方に響かせる音は、五臓六腑に染みわたります。超絶技巧と若さのエネルギーが遺憾なく溢れる情熱のステージに、詰めかけたお客は大満足で、大きな拍手を送っていました。

英語指導助手(ALT)が防災研修を受講しました

2017.03.01.wed/箕面市消防本部・消防署

英語指導助手(ALT)が防災研修を受講しました

 箕面市立小・中学校で英語を教える外国人の英語指導助手(ALT…アシスタント・ランゲージ・ティーチャー)を対象に、防災研修が開かれ、34人全員が受講しました。研修は3回あり、今回は2回目。119番への通報体験、消火器での初期消火体験、煙体験、消防署の見学などを行いました。
 初回は防災に関する基礎知識を学び、3回目は普通救命講習を受講します。