雨の夏越の大祓

2009.06.30.tue/春日神社

雨の夏越の大祓

 1年の半分、晦日の6月30日 午前8時。箕面市小野原西5丁目の春日神社で、夏越の大祓が執り行われました。これは、半年間の間に知らず知らずに犯した罪や穢れを祓い清めて、正常な本来の姿に戻るための神事。平安時代に制定された法律書「延喜式」にも、この大祓の祝詞が載せられていて、古くから行われていたことがわかります。
 春日神社の境内には、氏子のみなさんが手づくりした立派な茅の輪が飾られ、8の字にくぐると災厄を逃れると信仰されています。茅の輪は、7/12まで飾られ、近くの小野原学園の子どもたちもくぐりに訪れるということです。

page top