箕面市消防団に新型消防ポンプ車!

2009.10.16.fri/箕面市消防本部

箕面市消防団に新型消防ポンプ車!

箕面市にある4つの消防団(箕面・桜・西宿・小野原)に、新しく消防ポンプ自動車が配車されることになり、その貸与式が箕面市消防本部で行われました。午前10時からの式典には、倉田箕面市長、二石市議会議長、消防長など19名が出席。各分団長に目録と大型車両キーが手渡されました。
新しくなったこのポンプ車は、平成6年式の旧車両をNOx・PM法の使用期限により更新整備したもので、安全性、操作性、経済性を重視し、オートマミッションの採用や従来型の仕様に合わせた効率的な設計となっています。
特に安全機能付ポンプ操作盤「e−モニター搭載」で、水圧のコンピューター制御などタッチパネル式の最新技術が搭載されており、市長などからも感嘆の声が上がりました。あまりの最新設備に、西江寺天狗祭りの天狗さんも飛び入り視察!?
この車両費用(1台約1620万円)は箕面市競艇事業の収入があてられたとのことです。

page top