市立保育所「サンタと遊ぼう会」

2009.12.22.tue/箕面市立萱野保育所

市立保育所「サンタと遊ぼう会」

12月22日火曜日。箕面市立萱野保育所では、クリスマスを前に「サンタと遊ぼう会」が行われました。大きなクリスマスツリーの飾られたホールに集まった3〜5歳児クラスの子どもたち。先生たちがクリスマスの紙芝居や音楽の演奏を行い、気分はもうクリスマスです。途中、演奏に使う鈴を探しに行った先生でしたが、その鈴の音に誘われて、みんなの知っているあの人が遊びに来てくれました。そう、サンタさんです! 大きな袋を背負ったサンタさんに、みんなからはユニークな質問が・・・。
Q.おうちはどこにあるの? A.いっぱい雪が降っているところだよ。
Q.どんなところに住んでいるの? A.ふわふわの雲がいっぱいあったかな。
Q.好きな女の子はどんなタイプ? A.ドキンちゃん。
Q.サンタさんって何歳? A.忘れちゃった。
Q.みんなのところにプレゼント届く? A.これは何かな?(と袋を指さす)
そんなやりとりの後、サンタさんがみんなに切り紙芸を見せてくれます。そのお返しに、3歳児さんは手遊び、4歳児さんはタンバリンとカスタネットの演奏、5歳児さんは大太鼓や木琴の合奏を披露しました。
最後は、ツリーの前でサンタさんとの記念撮影! その後、教室に帰ったみんなでしたが、サンタさんからはどんなプレゼントが届いていたのでしょうね。

page top