箕面の森の音楽会

2010.08.28.sat/箕面公園・瀧安寺前広場

箕面の森の音楽会

自然豊かな箕面の森に、美しい楽の音がこだまする…
そんな「箕面の森の音楽会」が行われ、多くの観客が美しい音楽を堪能しました。
瀧安寺前の広場は、まわりを深い緑に囲まれた、絶好の野外ステージ。まずは箕面市立第一中学校の吹奏楽部が登場し、日頃の練習の成果を発表しました。滝道を通る観光客も、にぎやかな演奏に足を止めて聴き入ります。
続いて、ヴォーカルグループ「遥」(はるか)の登場。浴衣姿でのデュエット、かの北島三郎のバックコーラスも務めているというお二人のハーモニーは、目の覚めるような美声。その後は、アイルランドやスコットランドの伝統曲を演奏する「シャナヒー」の女性三人が、軽快なダンス曲などを次々と披露し、音楽に合わせて踊りだす人も。そして、演奏を聞きつけて飛んできた一羽のアオサギが、瀧安寺の山門に止まって、高らかに鳴き声でコラボレーション。森と人と自然が調和した、そんなひとときでした。
アメリカンフォークのグループ「御所バンド」の登場時には、夕暮れが辺りを包みました。そんな中、箕面ならではの「森の音楽会」を、観客は心ゆくまで楽しんでいました。

page top