萱野小地区 第15回「敬老のつどい」

2010.10.07.thu/らいとぴあ21

萱野小地区 第15回「敬老のつどい」

 箕面市内では、9月の敬老の日の前後に、各地域で敬老の催しが行われています。
 萱野小地区では10/7(木)午後1時から、らいとぴあ21の3階ホールに地域の高齢者のみなさん120人が集まり「第15回 敬老のつどい」(主催:萱野小地区福祉会、箕面市社会福祉協議会)が開催されました。開会の言葉、市長や来賓のあいさつに続いて、卒寿(90歳)を迎えた12人のかたにお祝いの言葉が送られました。
 第2部の演芸会では、かやの幼稚園年長組や萱野小3年生のうたとダンス、保健師・歯科衛生士による健康トーク、民生児童委員のスクエアダンス、池田マンドリンアンサンブルの演奏などが披露されました。昌扇会こども舞踊は、3〜8歳までの女の子たちが可憐な着物姿で「夕焼け小焼け」などの童謡に合わせて踊りを披露し、会場のみなさんもいっしょに歌を口ずさみました。
トリを務めたのは、元タカラジェンヌの沼田由樹さん。素晴らしい歌声とトークで会場を魅了し、和やかな空気の中で「敬老のつどい」は幕となりました。

page top