誕生・箕面トランポリン大使

2011.02.09.wed/箕面市役所

誕生・箕面トランポリン大使

「ここに特命大使『箕面トランポリン大使』の称号を授与します」

 2/9(水)午前9時30分。箕面市役所2階の市長室で、トランポリン選手・廣田遥(ひろた・はるか)さんの市長表彰、および箕面特命大使の任命が行われました。
 箕面出身の廣田遥さんは、オリンピックの日本代表選手として2004年のアテネ大会、2008年の北京大会に連続出場し、昨年の日本選手権では前人未到の十連覇を達成するなど、数々の偉業を成し遂げています。この日はスリムな黒のスーツに身を包んで市役所を訪れた廣田さん。市長から表彰状、特命大使の任命状が続けて渡され、「世界中で箕面をPRして下さい」と市長の言葉に、にっこり笑ってうなずいていました。
 その後は、和やかな談笑のひととき。「十連覇って…すご過ぎる、いったいどうなってるんですか?」という市長に、廣田さんは「過去に九連覇した人はいたのですが、十連覇は例がなくて…そこに大きな壁を感じましたが、乗り越えることができました」と応えていました。
 現在も阪南大学で練習を続けている廣田さんの目標は、今年の世界大会で入賞し、三大会連続となる2012年ロンドンオリンピックへの出場権を獲得すること。「より高く跳び、より難度の高い技に挑んでいきます」さらなる高みへ…遥スマイルの中に、決意がキラリと光りました。

page top