ひな祭りのつどい

2011.03.03.tue/箕面市立ひがし幼稚園

ひな祭りのつどい

 3月3日(木)、箕面市立ひがし幼稚園で「ひな祭りの集い」が催されました。この日のために園児たちはおひなさまを手づくり。年少組さんは立体雛で、牛乳パックを半分に切ったものを船に見立てた「流し雛」や、トイレットペーパーの芯に色紙を付けたものを。年長組さんは 色紙を折って作ったお雛様を色紙に貼り付ける形。お内裏様の刀はちゃんと抜き差しできるようになっているなど、細かい作業をほどこし、どの作品も、それぞれ味わいのある表情に仕上がっていました。
 当日は、みんなの作品を一堂に飾った遊戯室に集まって、ひな祭りの歌を歌い、神沢利子(かんざわ としこ)の「野原のひな祭り」という絵本をプロジェクターを使ってみんなで読んだあと、教室で雛あられを食べる楽しいひとときを過ごしました。
 ひな祭りが終わると、もうすぐ(3月22日)卒園式。先生方は心を込めて準備するとおっしゃっていました。
☆「816ラジオ日和」オープニングでお送りしているみなさんの歌をお届けする「卒園スペシャル」、ひがし幼稚園の放送は3月17日(木)です。お楽しみに!

page top