第42回箕面市民俳句大会

2013.11.28.thu/箕面・文化交流センター

第42回箕面市民俳句大会

 第42回を数える「箕面市民俳句大会」が開催され、多くの俳句を愛するかたがたが参加しました。
 大会は、大会長の熊野鳥湖さんの開会の挨拶から始まり、あらかじめ応募のあった、箕面の風景などを詠み込んだ作品から大会賞や箕面市長賞などが表彰されたほか、当日句会も行なわれました。
 大会選者は、現代俳句の代表作家の一人である坪内稔典さん、室生幸太郎さん、今井妙子さん、熊野鳥湖さん、小池万里子さん、中谷まもるさん、浜口高子さん、吉岡翠生さんら俳句の世界で有名な8人で、全員が箕面市民というレベルの高さがうかがえます。大会3賞に選ばれたのは、次の作品です。

○大会賞 「祖は武士のはしくれたりし竹を伐る」碇天牛さん(写真上右)
○箕面市長賞 「数学の授業見下ろし松手入れ」塩見英子さん
○箕面市教育委員会賞 「蟷螂の動く目玉のはづれさう」前田忍さん

page top