市立病院のクリスマスコンサート

2013.12.16.mon/市立病院

市立病院のクリスマスコンサート

 12月16日(月曜日)、箕面市立病院で今年もクリスマスコンサートが行われました。医師や看護師のかたたちが、ピアノやヴィオラ、サックスなど自慢の楽器を演奏し、患者のみなさんに精一杯の音楽を贈りました。客席からは「なかなか上手いやん」と、見慣れた白衣姿とのギャップに驚きの声も。
 サンタ姿に変装した看護師6人組は、ハンドベルでクリスマスメドレーを披露。大丈夫、練習どおりに…。途中、ハラハラするような場面もありましたが、そこはさすが、持ち前の明るさで乗り切りました。
 最後は、会場のみなさんも一緒に、ノリノリで「赤鼻のトナカイ」を合唱!訪れた滝ノ道ゆずるも、大きなアタマを左右に揺らしながら、手拍子で盛り上げました。
 病院の一角に出現したクリスマスの賑わい。楽しいひと時を過ごし、会場を後にする患者さんからは「ほっこりしたなぁ」と笑顔がこぼれたのでした。

page top