萱野小学校6年生が映画づくりに取り組んでいます

2014.01.27.mon/萱野

萱野小学校6年生が映画づくりに取り組んでいます

 箕面市立萱野小学校6年生が、小学校生活最後の思い出として映画を制作しています。
 昨年秋頃から、映画づくりの参考に映画監督や倉田哲郎箕面市長、地域のかたのお話を聴き、脚本づくりから挑戦。現在は、役者、撮影、大道具、音楽、メイキングと、それぞれ担当にわかれて、映画館での上映をめざしています。
 この日、校区内の公園では撮影が行われました。
同じシーンを何度も撮り直し、子どもたち同士で意見を出しあいながら積極的に取り組んでいます。どんなストーリーかな?そうです、着物姿は萱野三平。2023年の箕面に、萱野三平がタイムスリップしてくるというストーリー。
 映画館での上映にはお金がかかります。募金を呼びかけたり、バザーで資金を集めることも。2月16日(日)午前9時〜正午に、らいとぴあ21で、また2月24日(月)には、学校の懇談会でもバザーを実施します。
 制作面だけでなく、地域のみなさんの協力を得て、上映するための準備も進める子どもたち。3月16日(日)午前8時から10時、109シネマズ箕面での上映をめざしています!

page top