人形浄瑠璃を体験!

2015.10.11.sun/箕面市立グリーンホール

人形浄瑠璃を体験!

 10月11日(日)、箕面市立グリーンホールで、能勢人形浄瑠璃の劇団「鹿角座」のみなさんが講師になり、人形浄瑠璃のワークショップが開かれました。鹿角座は、素浄瑠璃の伝統を約200年継承しています。来年3月の「第11回箕面芸術祭」に向けた特別講座として開催されました。受講生のみなさんは、素浄瑠璃の伝統と、人形が一体化した能勢浄瑠璃についての話を聞き、太夫と三味線、鼓の実演を楽しんだ後、実際に人形遣いや太夫の言い回しに挑戦。説明を熱心に聞き、積極的に体験していました。
 鹿角座のみなさんは「第11回箕面芸術祭 レビュー人形たちの恋物語」に特別出演し、八百屋お七の「火の見やぐらの段」を上演することになっています。

page top