東日本大震災復興支援イベント−3.11を忘れない−

2017.03.12.sun/みのお市民活動センター

東日本大震災復興支援イベント−3.11を忘れない−

 3月12日(日曜日)、みのお市民活動センターで東日本大震災復興支援イベントが行われました。
 「3.11を忘れない」と題して毎年開催されているこのイベントには、今年も多くのかたが訪れ、復興支援活動パネル展に見入ったり、東北や熊本などの特産物を手に取ったり、被災地へ思いを馳せるひとときを過ごしました。
 昼の12時30分からのオープニングでは、聖母被昇天学院聖歌隊・小学校コーラスクラブのみなさんが、美しい歌声を響かせました。詰めかけたお客さんたちは、歌に耳を澄ませながら、そこに込められた思いを共有していました。
 館内に設けられた「復興支援横丁」は、居酒屋スタイルで被災地の食を味わおうというもの。気仙沼直送、おいしいと評判のワカメ、殻ごと出される大きな牡蠣、地酒も各種取り揃えて、お客さんたちは豊かな海幸山幸を堪能していました。
 被災地の現状を伝えるDVDの上映も同じ場所で行われていました。内容は、箕面ユネスコ協会のみなさんが訪れた被災地の写真、動画、インタビューなど。震災の遺構を保存するかどうかの住民の葛藤や、熊本地震での支援のようすなど、同協会のかたによる解説付きで詳しく説明されていました。
 東日本が未曾有の災害に見舞われたあの日から、6年。箕面の人たちの、被災地を思う心は決して途切れない…そんな思いが伝わってくるイベントでした。