1日赤十字デーで「大釜炊き出し体験」

2017.09.03.sun/みのおキューズモール エルステージ

1日赤十字デーで「大釜炊き出し体験」

 防災週間(8月30日〜9月5日)に合わせて行われた「大阪880万人訓練」の一環で、箕面市赤十字奉仕団が、大釜で炊き出し体験する催しを開催しました。
 これは、災害から命を守るための取り組みとして行われ、災害時に食を確保するために、ハイゼックスという炊飯袋を使って炊いたご飯でカレーライスを作り、500人のかたが試食体験しました。避難所などを想定して、ビニール袋に入れた皿を使い、ビニール袋を変えれば何度でも皿が使えることも学びました。キューズモールへの買い物客らが立ち寄り、炊き出しを体験。「一度でも体験しておくと違う」「簡単に炊けておいしい」などといった声が聞こえていました。
 箕面市赤十字奉仕団では、9月8日(金曜)まで、箕面市役所ロビーで防災用品やパネルの展示を行っています。