90歳になっても元気で過ごせる「ココロとカラダ講習会」が開催されました

2017.11.14.tue/みのお市民活動センター

90歳になっても元気で過ごせる「ココロとカラダ講習会」が開催されました

 90歳になっても元気に過ごせる心と体をめざそうという講習会が、65歳以上のかたを対象に行われ、1927年生まれの90歳、田中滋子さんがゲストスピーカーとしてお話をされました。
 主催は、自立・奉仕・助け合い、地域貢献をモットーに活動するボランティア団体 ナルクみのお。田中滋子さんは、箕面市在住で、ご主人の闘病や介護について記録した「にもかかわらず希望がある」の著者です。田中さんは、パソコンもお手のもので、英会話も最近になって始められたり、旅行ツアーにもお一人で参加されていると話され、参加者のみなさんはしきりに驚いていらっしゃいました。
 お話のあとは、転倒防止用のゆっくりんぐ体操などを行い、体も整えて、楽しく、明るく、生涯現役をめざして解散しました。
 次回の「ココロとカラダ講習会」は、12月5日(火曜)13時30分〜16時、みのお市民活動センターで行われます。申込の締切は12月1日(金)、ナルクみのお事務局(TEL 072-725-2280)へお問い合わせください。