北大阪急行線延伸工事の起工式が行われました!

2017.01.19.thu/箕面市船場東3丁目

北大阪急行線延伸工事の起工式が行われました!

 平成32年度の開業をめざす北大阪急行線延伸の本体工事に着手するに当たり、1月19日(木)、箕面市船場東3丁目1の、(仮称)箕面船場駅建設予定地で、起工式が行われました。
 千里中央から江坂駅間で運行している北大阪急行線が、千里中央駅から北へ2.5勹篆し、箕面市のかやの中央に(仮称)新箕面駅が、船場地区に(仮称)箕面船場駅が新しく設置されます。千里中央駅から(仮称)箕面船場駅までは地下トンネルでつながり、その先で地上へと上がり、(仮称)新箕面駅へと続きます。(仮称)箕面船場駅周辺には、大阪大学箕面キャンパスが移転するほか、市民ホールも新築され、文化とビジネスの拠点となる街づくりが進められる計画です。
 すでに工事建設予定地の樹木の伐採や道路掘削などの準備工事が行われており、準備工事が終わり次第、基礎杭や橋脚、橋桁の建設などの本体工事が着手されます。本体工事は、(仮称)新箕面駅、線路部、(仮称)箕面船場駅の3カ所で同時に進められ、平成32年度内に完了が予定されています。
 起工式では、大阪府の松井一郎知事を始め、北大阪急行電鉄(株)の岸本和也代表取締役社長や、倉田哲郎箕面市長などが出席し、工事の安全と開業後のまちの発展を願う挨拶がありました。
 その後、大阪府のもずやん、箕面市の滝ノ道ゆずるも参加して、工事の起工を祝し、くわ入れが行われました。
 開業目標は平成32年度。北大阪急行線が延伸し、新しい街づくりが進む箕面市に期待は高まります!