箕面の高校生が出演したラジオ番組が「近畿コミュニティ放送賞」の優秀賞に選ばれました!

2017.04.28.fri/西宮市

箕面の高校生が出演したラジオ番組が「近畿コミュニティ放送賞」の優秀賞に選ばれました!

 「第19回JCBA近畿コミュニティ放送賞」が、西宮市で開催されました。これは、JCBA=日本コミュニティ放送協会加盟の、近畿地区のコミュニティ放送局27局が、各部門別に、昨年1年間で放送した番組を作品としてエントリーし、その中から優れた作品や活動に賞が贈られるものです。
 部門は、「情報・教養番組部門」「娯楽番組部門」「特別番組部門」「CM部門」「放送活動部門」などがあります。
 今回、タッキー816みのおエフエムから「情報・教養番組部門」にエントリーした「第19回ハイスクールサミット特別企画 哲学カフェ・ラジオ版」が優秀賞に選ばれました(2016年9月30日放送分)。
 ハイスクールサミットは、箕面東高校、箕面高校、関西学院千里国際高等部、豊島高校の4校が週替わりで制作・出演する高校生の番組です。第5週があるときは、各校から数名が参加し、みんなで楽しくおしゃべりしています。エントリーした回は、茨木市にあるインターナショナルスクール コリア国際学園で実施されている、テーマを一つ決めて参加者が自由に意見を出し合う「哲学カフェ」をラジオでやってみようという企画の回。実際に、同学園の生徒もゲストにお迎えし、箕面の高校生たちと「学ぶとは?」をテーマに話し合いました。高校生たちは活発に意見を出し合い、1時間を越える録音を、30分番組に編集し放送しました。
 コミュニティ放送賞では、この企画が評価され、優秀賞を受賞しました。西宮市での表彰式は、JCBAの代表理事を始め、近畿地区会の会長、総務省近畿総合通信局のかたも列席され、盛大に行われました。