シニアの集いで「哲学カフェ」

2018.06.22.fri/てりは包カフェ(北部・西南高齢者くらしサポート)

シニアの集いで「哲学カフェ」

 高齢者のかたが地域で安心して暮らせるよう、日常生活で困っていることや心配ごとを気軽に相談できる窓口「高齢者くらしサポート」。箕面市内に5カ所ありますが、その中で、桜井駅近くにある「北部・西南高齢者くらしサポート」では、毎月1回、「哲学カフェ」が行われています。これは、ななーる訪問看護ステーションと大阪大学がコラボして実施している催しで、コーヒーやお茶を飲みながら、集まったみなさんと3つのルールを守りながらのんびり話しながら過ごすというカフェです。
 3つのルールとは「感じたことは何を話してもいい」「人の話を否定しない」「話したくなけてば話さなくていい」の3点です。
 何気なく話したことが、気が付くと深いところへ着地していたり、大切なことがふっと口から出てきたりと、自然と深い話ができていることに驚く瞬間がたくさんある「哲学カフェ」をみなさん、楽しんでいました。

page top