原爆詩の朗読を体験。広島被爆体験記 朗読会

2018.08.05.sun/箕面市立ヒューマンズプラザ

原爆詩の朗読を体験。広島被爆体験記

 広島原爆の日の前日、箕面市立ヒューマンズプラザでは「広島被爆体験記朗読会」が行われ、20人余りの人が参加しました。国立広島原爆死没者追悼平和祈念館には、12万もの被爆体験記がおさめられています。当日は、朗読ボランティアのかたがお二人来られ、原爆の被害についてのビデオ鑑賞の後、被爆体験記と原爆詩を朗読。参加者も、原爆詩の朗読を体験しました。
 朗読ボランティアのかたによると、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館は、被爆者やそのご家族のかたがたの「祈りの場」なのだそうです。戦後73年、広島では、若い人の伝承者の育成が進んでいるということです。
 ヒューマンズプラザでは、大阪空襲などのパネル展も開催されていて、来場者たちが足を止めて見入っていました。

page top