北大阪急行延伸、トンネル掘削のシールドマシンが発進!

2019.09.06.fri/箕面市船場東

北大阪急行延伸、トンネル掘削のシールドマシンが発進!

 北大阪急行線延伸事業における箕面船場阪大前駅から千里中央駅間のトンネル掘削工事が、いよいよ本格始動しました。この区間(約1.2辧砲任蓮直径約7mの筒状の掘削機「シールドマシン」で、上下線2つのトンネルを掘り進めていきます。9月6日(金曜)、シールドトンネル工事の現場が報道陣に公開され、箕面船場阪大前駅の構内とシールドマシンがお披露目されました。
 新駅は、ホーム階、機械室の階、改札階の地下3階建ての構造で、地上から地下3階までは25mあります。また、シールドマシンは、1号機が9月9日(月曜)に箕面船場阪大前駅を発進。1日約10mのペースで順調に掘り進んでいます。続く2号機は10月から稼働の予定です。

page top