市民レポーターが箕面の今を密着取材!

タッキー816でオンエア中!放送:月〜金曜10:45〜10:55

北芝解放太鼓保存会「鼓吹」の特別公演

2021.09.11.sat/箕面市立文化芸能劇場

北芝解放太鼓保存会「鼓吹」の特別公演

 8月に船場にオープンした箕面市立文化芸能劇場では、ピアノ演奏やダンス、講演会や演劇、落語など、さまざまな催しが、オープニングイベントとして開催されています。
 そのひとつとして、9月11日(土曜日)に、箕面市を拠点に活動する太鼓チーム・北芝解放太鼓保存会「鼓吹」のみなさんの特別公演が行われ、無料招待された市民が力強い太鼓の演奏を楽しみました。
 当日の曲目には、風の音を連想させる「颯」や、雨を思い起こさせる「時々雨」、雄大な海が心に広がるかのような「美ら海」など、地球の大自然を名前に持つ曲も多く演奏され、箕面大滝の自然をモチーフにデザインされた新しいホールの空間に、広大な太鼓の音色が響き渡っていました。
 来場者の女性は、「想像以上に迫力がありました」と感動したようすでした。また、北芝解放太鼓保存会の丸岡朋樹さんは、「出演した子どもたちの成長をどのように伝えるか工夫しました。これからも、メンバーの成長を太鼓の演奏を通して、伝えていければ」と意気込みを話しました。
 コロナ禍で制限の多い中、「せめてステージからみなさんに元気をおすそ分けしたい」という、鼓吹のみなさんの想いを、来場者もしっかりと受け取り、手拍子をしたり、手を振るなどして、精一杯に応えていました。
 今年で25周年を迎える、北芝解放太鼓保存会「鼓吹」。新たなステージに、期待したいですね!

被爆の経験を後世に。第二中学校の3年生が平和への思いを学びました

2021.09.10.fri/箕面市立第二中学校

被爆の経験を後世に。第二中学校の3年生が平和への思いを学びました

 コロナ禍でさまざまな学校行事が中止、延期となる中、箕面市立第二中学校では、9月に予定されていた修学旅行が中止になり、本来であれば長崎で実際にお話をうかがう予定だった平和学習を、9月10日(金曜日)に、リモートで開催しました。
 語り部は、森内實さん。8歳のときに、長崎県西彼杵郡長与町で被爆しました。太陽が爆発したのではないかと感じるほど、強い光だったそうです。真っ黒な雲が出現し、街の雰囲気は「異様」としか言い表せないほど衝撃的だったと語ります。近くの川に数多くの遺体が浮かぶ中、怖い、可哀そうといった気持ちは浮かばず、極限に追い込まれた状態で日々を過ごされました。
 日を追うごとに亡くなっていく親族、当時の街のようす、その中を必死に生き抜くために過ごしたことなど、森内さんのお話は壮絶なものでした。
 講和の最後に森内さんは生徒たちに対して、「核兵器だけは絶対にだめだ、ということを世界に訴えてほしい」と熱く訴えかけました。
 参加した生徒たちは、「生まれてからずっと平和な世界で生活してきましたが、この平和が普通ではないことを、今日の話で知りました」「けんかなど、身の回りの争いを減らしていきたい」と感想を話しました。
 取材をしたやぶたあきこは、「平和な時代にしか生きていない私たちには、想像できない内容と描写でした。だからこそ、今の私たちにできる平和への行動や考えをしっかり持たなければ、と思った時間でした」と話していました。

箕面市内の中学校サッカー部が健闘!全国大会でベスト4!

2021.09.08.wed/如意谷1丁目

箕面市内の中学校サッカー部が健闘!全国大会でベスト4!

 アサンプション国際中学校(如意谷1丁目)のサッカー部がこの夏、「第52回全国中学校サッカー大会」で、初出場にしてベスト4という快挙を成し遂げました。前身の聖母被昇天学院が男女共学となり「アサンプション国際中学校高等学校」となった2017年から、創部4年目でのことです。
 アサンプション国際中学校のサッカー部は、アサンプション国際高等学校のサッカー部の練習に参加するなど、学年を超えて、一種の「クラブチーム」のような仕組みになっているとういことです。8月22日(日曜日)に行われた、全国中学校サッカー大会の準決勝では、鹿児島県の神村学園中等部と対戦。4対1で惜しくも敗退となりましたが、ベスト4という素晴らしい実績を残しました。
 取材をした聖母被昇天学院の卒業生、菅濱小香は、「コロナ禍で制限の多い中で、集中して練習に取り組み、紅白戦でも元気いっぱいにプレイしている姿は、胸が熱くなります」と話していました。
 中学サッカー部の山本拓弥監督はチームメンバーに対して、「サッカー選手である前に、中学生という成長過程であるので、挨拶や時間を守るなど、基本的な部分を、サッカーを通して学んでほしい」とアドバイス。
 中学3年生の宮崎脩斗キャプテンは、「箕面市民全員がアサンプションという名前を知ってもらえるよう頑張るので、応援お願いします」と力強く話しました。
 次は、秋季大会や高円宮杯などの試合に向けて練習に取り組んでいます。箕面の学校から、未来のスター選手が誕生するかもしれません。今後も、アサンプション国際中学校、高等学校のサッカー部にぜひ、注目してみてください。

【写真】
トップ:準決勝での記念撮影(河口湖第1サッカー場)

箕面が誇る高校生パフォーマンスで元気を発信!@オープニングイベントin文化芸能劇場

2021.09.05.sun/箕面市立文化芸能劇場

箕面が誇る高校生パフォーマンスで元気を発信!@オープニングイベントin文化芸能劇場

 9月5日(日曜日)、箕面市内の高校生による、ダンスとチアリーディングの披露が、箕面市立文化芸能劇場のオープニングイベントとして開催され、会場はパワーあふれるパフォーマンスに圧倒されました。
 前半は、大阪府立箕面高等学校のダンス部「MINOH DANCE CREW」が登場。日本高校ダンス部選手権では、スモールクラスで6度の優勝のほか、数多く上位入賞を果たすなど、実力は全国でもトップクラス。現在は、1年生から3年生まで総勢134人で活動しています。
 2年生のオープニングダンスからスタートし、Taylor Swift「Look What You Made Me Do」や、Aimer「カタオモイ」といった音楽に合わせて、キレのあるダンスを披露。途中のアナウンスも英語で行われ、観客の視線を釘付けにしました。
 イベント後半では、箕面自由学園高等学校のチアリーダー部「GOLDEN BEARS」が、元気いっぱいのチアリーディングを披露。チアリーディング日本選手権大会では、通算20回優勝するなど、世界でも活躍しているだけあり、当日は練習の成果を惜しみなく発揮。Queen「Don’t Stop Me Now」や、ケラケラ「キズナジャンプ」といったポップな曲でパフォーマンスを行いました。当日は、部活動の名前にちなんで、熊の足跡がプリントされたマスクを着用。目元からもしっかりと表情が伝わってきました。
 来場した市内の大学生は、「高校生の熱い気持ちが伝わってきて、とても感動しました」と笑顔で話しました。

今年も「高齢者作品展」で、活力あふれる作品が並んでいます!

2021.09.03.fri/箕面文化・交流センター市民ギャラリー

今年も「高齢者作品展」で、活力あふれる作品が並んでいます!

 60歳以上の市民のみなさんの力作が並ぶ「高齢者作品展」が、箕面文化・交流センター地下1階の市民ギャラリーで、9月7日(火曜日)まで開催されています。
 絵画、工芸、写真、書、手芸品など、今年は100点が出品されました。箕面市市長賞を受賞したのは、着物の生地を使った押し絵で、「舞妓さん」「紫式部」、岩手県盛岡市のお祭りを題材にした「チャグチャグ馬子(うまっこ)」の3点セット。艶やかな着物の美しさの和の世界が、小さな額にコンパクトに収められています。
 箕面市社会福祉協議会会長賞は工芸品で、鏡と3段引き出しの、重厚な木彫りセットでした。また、箕面市老人クラブ連合会会長賞には、夕陽に映える「明石海峡」の写真が選ばれました。その他、「箕面市民生委員児童委員協議会会長賞」や「ご立派で賞」といった賞のほか、88歳以上の方には「お達者で賞」が送られました。
 お友達が出品していて見に来たという、2人連れの女性は「どれも素晴らしい出来ばえで目を奪われます」と感動したようすで話していました。
 箕面市老人クラブ連合会の戸瀬静彦さんは「1年かけて作った力作が並んでいます。60歳以上のかたは次回はぜひ作品を応募してほしい」と話し、来場を呼びかけました。

<高齢者作品展>
開催場所:箕面文化・交流センター地下1階 市民ギャラリー(箕面市箕面6-3-1)
開催日時:2021年9月3日(金曜日)〜7日(火曜日) 午前10時〜午後4時30分
     ※最終日は正午まで

page top