市民レポーターが箕面の今を密着取材!

タッキー816でオンエア中!放送:月〜金曜10:45〜10:55

駐輪禁止!子どもたちが絵画で呼びかけ

2021.04.09.fri/みのお本通り商店街北入口付近

駐輪禁止!子どもたちが絵画で呼びかけ

 放置自転車の防止を呼びかける小学生の絵画コンクールで、優秀作品に選ばれた6人の作品が、それぞれA1サイズの路面シートに加工され、放置自転車が多い阪急箕面駅前の、みのお本通り商店街の入口、池田泉州銀行東側の路面に貼り付けられています。
 絵画コンクールは、箕面市立小学校の4年生から6年生を対象に、放置自転車の防止、駐輪マナーの向上をテーマに、箕面市が2年ごとに募集しています。今回は294作品の応募があり、最優秀賞1人、優秀賞5人が選ばれました。
 今年1月にメイプルホールロビーで全作品が展示されましたが、2月20日に予定されていた表彰式は、コロナウイルスの影響で中止となり、表彰状は郵送されたということです。
入賞した作品は、「大好きな街・箕面 みんなできれいな街にしよう」というスローガンに、自転車がたくさん放置されているようすと、きれいに駐輪されているようすを使用前・使用後で表現した絵や、「ここにとめたらアカン」という一文字ずつの文字パネルを子どもたちが怒った顔で持っている絵、「まぁいっか・・・ その行動がめいわくに!」というスローガンと点字ブロックの上にとめられた自転車が泣いている絵など、大人が見てハッとする作品ばかりです。なかでも、最優秀賞に選ばれたのは、豊川南小学校の新6年生・金川知依穂(かながわ ちいほ)さんの作品で、点字ブロックが擬人化され、「上に置かないで」と両手を前に出してSTOPと止めているようすが表現されています。金川さんは、みのおエフエムの電話取材で「授業で点字ブロックのことを教えてもらいました。点字ブロックの上に自転車がとまっていると、目の不自由なかたが通るときに狭くなったり、けがをしてしまうかもしれません。絵は、誰かのために役に立つならと思い、夏休みに描きました。この絵を見て、点字ブロックの上に自転車をとめる人が減ったらうれしいです」と話していました。
 子どもたちが描いた駐輪禁止の路面シートは、牧落駅や桜井駅周辺の迷惑駐輪が多い場所にも貼られています。

大阪大学箕面新キャンパス竣工記念式典

2021.04.01.thu/大阪大学箕面新キャンパス(箕面市船場東)

大阪大学箕面新キャンパス竣工記念式典

 大阪大学外国語学部の移転先として、箕面市船場東に新しく建てられた大阪大学箕面新キャンパス。地上10階建てのビルで、交通の便が格段に良くなり、地域の活性化も期待されています。
 箕面新キャンパスの竣工記念式典は、4月1日(木曜日)午後1時30分から、新キャンパス1階の「大阪外国語大学記念ホール」で行われました。大阪大学の西尾章治郎総長を始め、歴代の総長や政府関係者、上島一彦 箕面市長、倉田哲郎 前箕面市長も出席し、新キャンパスの門出を祝いました。
 式典を締めくくるテープカットは1階エントランス、新キャンパスのシンボルともいえる、25言語が刻まれた大石板の前で行われました。合図とともにテープにハサミが入れられ、会場は大きな拍手に包まれました。
 式典のあとの内覧会では、学生ボランティアのみなさんが、新キャンパスを案内して回りました。真新しい内装や設備、随所に取り入れられた仕掛けや工夫、中でも目玉は「未来の教室」。空調で温度や風の強さ、香りをコントロールすることで、眠くならない環境づくりを実現していくといいます。両サイドの壁に映像を映すことも可能で、案内してくれたモンゴル語専攻の学生は「モンゴルの大草原をパノラマで写せば、すごい臨場感になると思います」と期待を語りました。
 授業が始まるのは、4月9日(金曜日)から。大阪大学箕面新キャンパス、いよいよ本格始動です!

page top