市民レポーターが箕面の今を密着取材!

タッキー816でオンエア中!放送:月〜金曜10:45〜10:55

第18回みのお選抜美術展

2020.02.05.wed/箕面文化・交流センター

第18回みのお選抜美術展

 2月5日(水曜日)〜11日(祝日・火曜日)、箕面文化・交流センターで「第18回みのお選抜美術展」が開催され、絵画、彫塑、写真、工芸、書の各部門で、選りすぐりの市民芸術家の力作78点が展示されました。秋に開催される「箕面市民展」では出品された全作品が展示されますが、「選抜美術展」は出品された中から選ばれた作品が展示されます。趣味の域を超えた芸術の数々を、来場者のみなさんは時間をかけて鑑賞し、作者と会話する姿も見られました。

親子でバレンタインクッキング

2020.02.04.tue/みのおライフプラザ

親子でバレンタインクッキング

 地域の子育てに関わる全てのひとを応援するNPOはんもっくの地域おやこクラブ「tomtom(トントン)ライフプラザ」で、バレンタインクッキングの催しが行われました。
 未就園のお子さんとお母さん4組が参加し、親子で楽しみながらココアとプレーン味の二層のカップケーキ作りに挑戦。ホットケーキミックスを使用し、電子レンジでできる簡単カップケーキづくりに、お子さんもママも協力しながら笑顔で取り組んでいました。
 クッキングのほかにも、親子で手遊びやダンス、絵本を楽しむプログラムがあったり、子育ての先輩スタッフから幼稚園に行ったら必要なものなど子育てのヒントのアドバイスもあり、和気あいあいとひとときを楽しんでいました。

福豆の授与や火渡り神事。阿比太神社の節分祭

2020.02.03.mon/阿比太神社(桜ケ丘1丁目)

福豆の授与や火渡り神事。阿比太神社の節分祭

 2月3日(月曜日)、阿比太神社では恒例の節分祭が行われました。阿比太神社の節分祭は、山伏さんが本殿で祈祷を受けたあと、神社の周囲を法螺貝を吹きながら巡り、厄除けを祈ります。そして、境内では大勢の参拝客が見守る中「大護摩供」の儀式が執り行われます。さらに数年前から、焼けた木の上を、裸足で歩いて渡る「火渡り神事」が取り入れられました。これは、足腰に御利益があるとされ、参拝者たちが次々と挑戦し、渡り終えた後に足形を半紙にうつし、記念に持ち帰ります。最後は福豆の授与。本殿前には、長蛇の列ができ、ひとり一人福豆を授与されたあと、本殿でお礼を伝え、三々五々帰路にきました。

節分会 福護摩祭りで火渡り修行

2020.02.02.sun/帝釈寺(粟生外院2丁目)

節分会

 2月2日(日曜日)、帝釈寺で毎年恒例の節分会 福護摩祭りが行われました。立春の節分の前に、新しい年に福を招き、安全を祈る伝統行事です。なかでも厄除けや家内安全を願って、焼けた護摩木の上を素足で歩く「火渡り修行」は、一般の参拝者も参加することができ、今年は500人以上のかたが挑戦しました。
 境内では、薪と桧葉で組まれた護摩壇に火がつけられ、山伏が祈祷するなか、参拝者の願いごとが書かれた護摩木が次々と火の中へ投げ入れられます。護摩木が燃え上がり、神煙に包まれる中、火渡り修行に挑戦する参拝者の列ができます。火渡りを終えた後は「火渡り成満」と書かれた半紙に墨で黒くなった足形をいただき、持ち帰ることができます。火渡り修行を終え、みなさん清々しい表情で記念の足形を受け取っていました。

ペルシアのダンスを踊ってみませんか

2020.02.01.sat/箕面市立多文化交流センター

ペルシアのダンスを踊ってみませんか

 イラン各地のダンスについてのミニ講座とペルシアのダンスを踊るワークショップが行われました。ミニ講座では、講師のファテメ・モタバリプールさんが、いくつもあるペルシアン・ダンスの中から、伝統的なダンスについて特徴や踊り方、衣装などを映像を見ながら解説しました。実際にダンスに挑戦する場面では、ファテメさんから基本のステップと腰の動きを習い、それに合わせて手や頭も動かす練習をしました。
 ファテメさんは、最初の衣装では、光沢のあるゴールドのロングフレアスカートをお召しになり、ステップを踏むたびにゆらゆらとなびいてとても軽やかで美しく見えました。その後踊りに合わせて次々と衣装を替え、魅惑的な雰囲気を演出していました。
 参加者のみなさんはファテメさんの動きに合わせるのがなかなか難しそうでしたが、ミニ講座など興味深そうに聴いていました。

page top