70以上の作品が展示中「第1回 箕面東・西南スケッチ同好会 合同絵画展」

2021.09.24.fri/箕面文化・交流センター市民ギャラリー

70以上の作品が展示中「第1回

 箕面文化・交流センターの市民ギャラリーでは、箕面東スケッチ同好会と、箕面西南スケッチ同好会の合同絵画展が行われています。開催は、9月27日(月曜日)午後4時まで。
 箕面市在住の会員が描いた、静物や風景、人物といった油彩画や水彩画など、70点以上の作品を見ることができます。
 箕面東スケッチ同好会の宗村庚修さんは、「今回が初の合同展です。絵の好きな人が集まって描いた作品をぜひ見てください」とPR。箕面西南スケッチ同好会の山中棟平さんは、「誰かに見てもらって、お互い励まし合いながら絵を描くことが醍醐味です」と絵画の魅力を話しました。
 出展している佐藤吉憲さんは、箕面の滝をテーマに「初夏」「晩秋」と題した絵を描き、同じ場所でも季節や気候によって違った風景があることを、丁寧な筆使いで表現していました。また、絵を描くときのポイントとして、「描きたいと思った動機や目的を、いかにうまく表現するか。絵で何を訴えるかが大切」と解説しました。
 箕面西南スケッチ同好会では、現在会員を募集しており、会場で興味を持ったかたは、その場で入会をすることができます。

<第1回 箕面東・西南スケッチ同好会 合同絵画展>
開催場所:箕面文化・交流センター地下1階 市民ギャラリー(箕面市箕面6-3-1)
開催日時:2021年9月24日(金曜日)〜27日(月曜日) 午前10時〜午後5時
     ※最終日は午後4時まで

page top