箕面学園高等学校の校舎が「大阪モデル」にあわせてライトアップ中

2020.05.29.fri/箕面7丁目

箕面学園高等学校の校舎が「大阪モデル」にあわせてライトアップ中

 箕面7丁目の高台にある箕面学園高等学校の校舎が、新型コロナウイルスに対する、いわゆる「大阪モデル」にあわせたライトアップを開始しています。
 大阪府では、独自に定めた新型コロナウイルスに対応する休業要請などの解除基準「大阪モデル」の達成状況を「見える化」するため、府内にある通天閣や、太陽の塔などを、信号機と同じ、赤・黄・緑色でライトアップし、府民に示しています。箕面学園高等学校では、これにちなんで、独自に、5月27日から、校舎の時計塔を緑色にライトアップしています。同校では、「学校をライトアップすることで、多くの人に安心を与えられるかもしれないと考え、今回の実施に至りました。現在の緑色のライトアップには、「大阪モデルの達成」と「学校が再開となる教職員全員の喜び」、そして「医療従事者への敬意」の3つの意味が込められています」と話しています。
 また、学園の近くに住む市民は、「校舎は自宅からよく見える場所にあります。ライトアップ初日に、緑色に点灯していることに気づきました。大阪モデルの色を表していると知り、学園の取り組みに、あたたかい気持ちになりました」と話していました。
 同校では、6月1日から授業時間を短縮して学校を再開しています。校舎の点灯時間は、午後7時から午前0時までで、大阪モデルにあわせて色は変更されます。

page top