夏の風物詩、向日葵が満開!

2021.07.20.tue/尾崎農園(上止々呂美)

夏の風物詩、向日葵が満開!

 たっぷりの太陽の光を浴びた黄色い向日葵。上止々呂美にある「尾崎農園」では、およそ1ヘクタールある園内の一角に、色鮮やかな向日葵やコスモスが咲いていて、まさに今が見ごろです。大きなサイズでは2メートル程の高さまで育った向日葵が、午前中は国道423号の道路に笑顔を向けています。
 尾崎農園では、園内の7割はお米を栽培しており、残りの敷地で、サツマイモやサトイモといった芋類をはじめ、トウモロコシ、ナスなどの野菜を育て、毎年秋には「芋ほり体験」も実施しています。「止々呂美の景観をよくしたい」という思いで始めた向日葵畑は、今年が初めての試みです。
 7月20日(火曜日)は、農園の近所にある「みすず学園 森町こども園」の保育士のかたが、園児へ夏を感じてもらうためのプレゼントとして、向日葵の収穫に訪れました。
 夏本番の広い園内には、トマトやピーマン、ズッキーニといった旬の野菜が収穫を控えており、止々呂美ふれあい朝市や、萱野2丁目にあるJA大阪北部 農産物直売所などで販売されています。
 尾崎農園の尾崎孝さんは、農園で栽培している作物を、「子どものように毎日接している」と話し、「止々呂美には美しい場所があることを知ってほしい」と地元愛をこめて語っていました。
 園内の向日葵畑の中には白いベンチがあり、澄み渡る青い空のもと、SNS向けのフォトスポットとして活用できそうです。

page top