子どもたちの力作がずらり「第30回箕面市青少年文化祭」

2022.09.10.sat/箕面市立メイプルホールほか

子どもたちの力作がずらり「第30回箕面市青少年文化祭」

 箕面市内の小・中学校の文化クラブや幼稚園、地域で活動するグループが、日頃の成果を発表する「箕面市青少年文化祭」が、9月10日(土曜日)・11日(日曜日)に行われました。
 会場となった箕面市立メイプルホールでは、さまざまな場所に作品が展示され、2階の手すりから1階のロビーに向けて吊り下げた大きな絵や、階段を利用したアートもありました。
 ロビーでは、第四中学校茶華道部と、彩都の丘学園茶道部によるお茶席が設けられたほか、粘土で作った和菓子や独特な模様のお面、色紙の作品などが並びました。
 大ホールではステージ発表もあり、バンドや吹奏楽の演奏、演劇などを披露。客席からは、大きな拍手が鳴り響きました。3年ぶりの開催となり、初めて参加する児童・生徒も多く、特に中学3年生にとっては、最初で最後の、青少年文化祭となりました。
 K-POPダンスを踊った箕面市立第一中学校ダンス部の生徒は、みのおエフエムの取材に「私たちは3年生なので引退しますが、めっちゃ楽しめてよかったです。もっともっとダンス部を盛り上げて、最高のものにしてください」と、後輩へメッセージを送りました。
 また、お孫さんの作品を見るために来場したかたは「家では見ることができない一面を知ることができてよかったです」と話していました。

page top